トップ > シワ対策有効成分 > ビタミンC誘導体 > シワ対策有効成分:ビタミンC誘導体の特徴と効果

シワ対策有効成分:ビタミンC誘導体の特徴と効果

シワができる要因は複数ありますが、主に加齢による問題、過剰なストレスにより活性酸素が発生して起きる症状です。年齢を重ねていくと体内の補酵素や酵素が減少していく傾向にありますから、スキンケアやインナーケアでエイジングケアをしていくべきです。それらを怠るとさらにシワが深くなる可能性は生じますから、対策は必要です。

スキンケアでは通常の保湿成分であるグリセリンやポピュラーな植物エキスを配合した、化粧水やクリームでは間に合わない場合はあります。前者はトウモロコシを原料とする事が多く安全性が高い保湿剤ですが、アンチエイジングには不向きです。乾燥肌の人には適した成分ですが、既に進行してしまった老化には無力に近いところがあります。

植物エキスは様々ですが、どれも徐々に働きかけるものが基本的です。中にはビタミンC(アスコルビン酸)が含まれているアセロラエキスやキウイ抽出物がありますが、酸化しやすいデメリットも持ちますから、使用するにあたっては工夫しなければならないです。不安定な成分ですから、紫外線や空気中の埃や汚れの影響を受けやすい問題も持ちます。

しかし、アスコルビン酸よりも機能性が高く、安定した働きを持つ「ビタミンC誘導体」がシワや老化に特効を示します。通常のものに人工的な手段で強化して、バランスを整えた成分になります。皮膚の中に存在するコラーゲンの機能を高めたり、ターンオーバーを早めますから、使用し続ける事によって徐々に改善されていくのが強みです。

アスコルビン酸の強化型であるビタミンC誘導体は酸化しにくく、皮膚に塗布した時の状態を維持しやすいですから、効果が持続します。通常の有効成分やその他のビタミンは時間が経過するにつれて効力が弱っていく傾向にありますが、ビタミンC誘導体になると話は変わっていきます。長時間は継続するタイプの物質ですから、アンチエイジングには適した存在です。高濃度である、5%から8%ほどの誘導体エキスを肌につける事ができれば、皮膚のコラーゲンの生産を強烈にサポートします。

また、活性酸素を取り除いて皮膚の酸化を抑制します。既に老化が進行した肌や細胞にも効果を示しますから、常用すれば、大きいメリットを得られるところがキーポイントです。さらには不要な菌の繁殖を抑制しながら肌を清潔にして、毛穴にも対処する性質もあり、美白作用も目立ちます。一つで何種類もの作用をあらわす成分は、珍しい方と言えます。

Shinobiライティング記事 修正なし シワができる要因は複数ありますが、主に加齢による問題、過剰なストレスにより活性酸素が発生して起きる症状です。年齢を重