トップ > シワ対策有効成分 > レチノール > シワ対策有効成分:レチノールの特徴と効果

シワ対策有効成分:レチノールの特徴と効果

加齢とともに肌の衰えは目立ってきますが、正しいお手入れをすることでより長く若々しく美しい状態を保つこともできます。 化粧品を選ぶ際はエイジングケア効果の高い成分が配合されているものを選んでいきたいですが、エイジングケア成分もそれぞれ違う特徴や効果がありますので、よく確認して悩みに合う成分が配合されているものを選びましょう。

レチノールもアンチエイジングに役立つ成分として知られており、多くの化粧品に配合されています。 ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ効果があり、美容にはなくてはならない成分のひとつです。 レチノールはビタミンAの一種となっており、肌に入ることでレチノイン酸に変化していきます。

レチノイン酸はコラーゲンやエラスチンの生成を促進させる働きもありますので、肌にハリや弾力を与え、シワを目立たなくするのにも役立ちます。 シワができる原因のひとつは肌の弾力にかかわる、コラーゲンやエラスチンが体内から減少していくことがあげられます。

それゆえ、不足している分はしっかり補っていきたいですが、レチノールを利用することで、その生成も促進され自然な若返りが期待できます。 さらに肌のターンオーバーを促進する働きもありますので、こちらもエイジングケアに役立ちますし、シワだけではなく、ニキビ跡やシミの改善にも良い結果が期待できます。 余計な皮脂の分泌を抑える働きもありますので、毛穴が気になる人にもおすすめの成分です。

美容効果が高い分、刺激もある成分ですので、始めて使う場合は高濃度のものは避けておくほうが無難です。 使い始めのころは肌も敏感になりやすいので、より低刺激の化粧品を選ぶことがおすすめです。 デリケートな肌の人はまずは目立たない部分に少量をつけ、刺激が起きないか確認しておくとより安心です。

保湿効果に優れた成分が含まれている化粧品を選んでおくと肌の乾燥を防ぐこともできます。 そして、レチノールを使用している際は紫外線にも弱くなる傾向にありますので、外出の際は紫外線対策もしっかり行っておきましょう。熱や光に弱い成分ですので、紫外線の影響が気になる場合は夜のみのお手入れに使ってみるなど工夫してみましょう。

分子が大きいので、そのままでは肌に浸透しにくい傾向にありますが、パルミチン酸を結合させたレチノール誘導体はより肌への浸透も良いものとなっています。 良い結果を期待するためにも浸透性に優れた化粧品を選んでいきましょう。

Shinobiライティング記事 修正なし 加齢とともに肌の衰えは目立ってきますが、正しいお手入れをすることでより長く若々しく美しい状態を保つこともできます。