トップ > シワ対策有効成分 > プロテオグリカン > シワ対策有効成分:プロテオグリカンの特徴と効果

シワ対策有効成分:プロテオグリカンの特徴と効果

人の肌には加齢とともに様々なエイジングサインが現れます。その代表的なサインの1つがシワです。シワは目元・口元の小じわから始まり、徐々に濃くなり、ほうれい線のようにくっきりと現れることもあります。このようなエイジングサインに対し、有効な成分の1つがプロテオグリカンです。では、この成分はどのような特徴と効果があるのでしょうか。

まず、プロテオグリカンは我々の体に元々存在する成分です。肌や軟骨など様々な部位に存在し、たっぷりと水分を溜め込むことで弾力を持つことができます。そしてその保水力はスキンケア成分としてよく知られるヒアルロン酸の1.3倍もあると言われています。そのため、スキンケア成分として注目されているのです。

そしてシワは肌が乾燥してハリを失うことで生じやすくなりますが、プロテオグリカンは肌に浸透してたっぷりと水分を溜め込むことで肌にハリを与えることができます。そのため、シワの予防や改善に効果的なのです。

さらにこの成分の効果は保水力だけではありません。EGFと同様の効果もあります。EGFとは上皮細胞増殖因子のことで、肌のターンオーバーを促進する作用があります。人の肌は加齢とともにターンオーバーが低下することで、肌の潤いとハリが減少し、エイジングサインが現れやすくなるのですが、プロテオグリカンにはEGFと同様の働きをするため、肌を若々しくすることが期待できるのです。

そのほかにも抗酸化作用や抗炎症作用もあります。人の肌は活性酸素により機能が低下することで老化しますが、抗酸化作用があるということは老化の原因である活性酸素を抑制することができるということです。そのためアンチエイジングとしての効果もあるのです。また、炎症を抑制する効果もあることから、関節痛の軽減に利用されることもあります。

このようにプロテオグリカンには高い保水力とターンオーバーを促進する効果、抗酸化作用があるため、シワ予防などのアンチエイジングケアにおすすめです。しかも、エイジングサインが出始めた肌はバリア機能が低下しているため刺激に敏感ですが、この成分は元々体内に存在する成分のため、副作用を心配せずに使うことができます。そのため多くのエイジングスキンケアに含まれる成分の1つとなっているのです。

さらにこの成分は口から摂取しても胃酸の影響を受けずに体内にしっかりと吸収されます。そのため、内側からのケアとしてサプリメントで摂取することも有効です。

Shinobiライティング記事 修正なし 人の肌には加齢とともに様々なエイジングサインが現れます。その代表的なサインの1つがシワです。シワは目元・口元の小じわ