トップ > シワ対策有効成分 > ヒアルロン酸 > シワ対策有効成分:ヒアルロン酸の特徴と効果

シワ対策有効成分:ヒアルロン酸の特徴と効果

ヒアルロン酸とは体の組織に含まれている成分で、細胞同士を結びつけたり、保水力で体の機能を円滑にする役割を担っています。 健康や美容に大切な成分で、化粧品の保湿成分として含まれていることで有名です。 保水効果が高く、少しの量で水分をキープできるのが特徴で、保水効果によって肌や髪に潤いを与えることができます。

ヒアルロン酸の効果で特筆すべきなのは保水効果で、1gに6リットルもの水分を蓄えることができます。 温度や湿度などの影響をほとんど受けないので保湿するのに最適の成分で、たっぷりと肌に含まれるとみずみずしい肌になることができます。 肌に潤いがキープされるので、シワを解消して若々しいハリのある肌へと導くことが可能です。 みずみずしい肌をキープするのに欠かせない成分で、多量の水分をキープすることで肌に栄養を与えることができます。

保湿力の高さから、乾燥肌の改善にオススメで、乾燥肌が原因のシワや毛穴、くすみなどに潤いをもたらしてくれます。 乾燥でシワやほうれい線が目立っている場合、ある程度目立たなくすることが可能です。 たるみそのものを改善するのは難しいですが、乾燥が原因で毛穴が目立っている場合、毛穴が改善されることでたるみ毛穴の目立ちが少なくなるケースはあります。 スキンケアとしての美肌の効能は高く、コラーゲンやエラスチンを保護する作用があるので、シワのないハリのある肌を作り出すことが可能です。

関節にもヒアルロン酸は含まれていて、保水効果は軟骨でも発揮することができるので、関節痛を改善する効果も期待できます。 関節の中には関節液があり、関節の動きをスムーズにする働きをしています。 骨と骨がつながって関節ができているのではなく、関節液がクッションや潤滑油などの重要な役割を果たしているのです。

関節液が骨同士を直接触れないようにしているので、関節液が少なくなると骨同士が触れて激痛が走るようになります。 リウマチや関節炎で痛みがある人にヒアルロン酸を注入すると、関節が滑らかに動くようになり、痛みが緩和されます。

関節は軟骨と関節液に包まれていて、関節液の中の水分をいかに保持するかで衝撃を吸収できるかどうかが決まるのです。 そのため、変形性関節症や肩関節周囲炎、関節リウマチなどの病気治療において、大事な働きを担っています。

ヒアルロン酸には卵巣の働きを助ける作用があるので、生理痛を改善する効果も期待できます。 また女性ホルモンの分泌を正常にする効能も期待できるので、動悸や発汗、更年期障害を改善する作用もあります。

Shinobiライティング記事 修正なし ヒアルロン酸とは体の組織に含まれている成分で、細胞同士を結びつけたり、保水力で体の機能を円滑にする役割を担っています