トップ > シワ対策有効成分 > EGF・FGF > シワ対策有効成分:EGF・FGFの特徴と効果

シワ対策有効成分:EGF・FGFの特徴と効果

肌悩みの一つとして多く挙げられるのがシワです。 シワの原因は、加齢や紫外線のダメージによって肌のうるおい成分が減ることによって引き起こされます。 肌が乾燥することによって、それ以外にも肌荒れやニキビなどの肌トラブルも引き起こしやすくなります。 そんなシワ対策に有効な成分は様々なものがありますが、近年注目されている成分がEGF・FGFです。

EGFは(Epidermal Growth Factor)、FGFは(Fibroblast Growth Factors)という成分で、プラセンタエススの中にも含まれています。 総称して成長因子と呼ばれており、皮膚の再生やコラーゲンの生成には欠かせない成分になります。

EGFが働きかけるのは、悪質、顆粒層、有棘層、基底層からなる表皮と呼ばれる部分で、FGFはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの含んでいる真皮層に働きかけるという特徴があります。

具体的な効果としては、EGFは角質層に働きかけて再生を促す効果があります。細胞の成長と増殖を調整する因子です。 FGFは、細胞に働きかける作用が期待できます。真皮層の繊維芽細胞、つまりコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する細胞に働きかけたり、体の様々な細胞に働きかけて細胞を増殖・分化するために機能させます。

この成分は厚生労働省で販売が認められているのは、化粧品のみで、サプリメントで摂取することは難しい成分になります。EGFは皮膚の再生を促す作用があることから、怪我の治療や美容目的で利用されます。注射で打ち込んで摂取するという治療方法もありますが、コラーゲンが増えすぎてしまい顔が盛り上がってしまうというリスクもあるため注意が必要です。

もともと体内に存在している成分ですので、肌につけることよって肌表面の細胞を活性化させて新しい細胞を増殖、成長させることでシワの予防や改善を行ったり、細胞の再生機能を助けて傷跡などを再生します。肌の細胞機能を正常化する効果もあることから、ニキビや吹き出物などを改善する効果も期待することができます。 その他、肌のターンオーバーを活性化して健康な角質を作ることで、シミやくすみを改善したり、乾燥を防ぐなどの効果があります。

化粧品を選ぶ場合には、この二つの成分が両方配合されているものがベストで、特に皮膚科の医師などが開発しているドクターズコスメは専門知識をもとに作られているため科学的根拠がしっかりしているため信頼してつけることができます。

Shinobiライティング記事 修正なし 肌悩みの一つとして多く挙げられるのがシワです。 シワの原因は、加齢や紫外線のダメージによって肌のうるおい成分が減るこ