トップページ >  シワ対策有効成分 >  コラーゲン

シワ対策有効成分:コラーゲンの特徴と効果

コラーゲンは人間の体を構成する上で大切な成分で、タンパク質の一種とも言われています。タンパク質の中でも全体の30%を占めており、そのうちの40%が皮膚に、10~20%が骨・軟骨に存在していると言われています。このほかにも血管な内臓といった箇所に存在しており、身体作りの基盤になっています。コラーゲンの体内における役割としては、細胞同士を結びつけたり外との境界線をつくるという働きをしており、外から細胞を守っています。

人間の体内にも存在しているコラーゲンはその働きや効果に注目され、化粧品やサプリメントをはじめ医療現場といった様々な分野で用いられています。化粧品などの美容面での主な働きは、お肌のうるおいを保つための保湿成分として利用されています。

体内に存在している成分と同じなので肌なじみが良いという特徴があり、お肌の角質層までしっかりと潤いを届けるため加齢とともに気になるお肌のシワやたるみといった悩みを改善する効果にも期待されています。それぞれの化粧品によって多少保湿の役割は異なりますが、どの化粧品にも共通していえることはお肌の潤いやハリを守る保湿成分として多く使用されています。

サプリメントなどの健康面で用いられる場合は、今までは摂取しても体内で分解されアミノ酸として吸収されてしまうと言われてきました。しかし、研究が進むにつれアミノ酸としてではなくコラーゲンペプチドといった状態で吸収されることや、特有のアミノ酸が存在していることが最近分かり、摂取が重要であると認識されています。体内に摂取することで血管を通して全身に運ばれていき骨や関節、お肌や髪の毛といった箇所で成分を生み出す重要な材料として活用されています。

医療現場や医薬品に用いられる場合は、もともとやけどの被覆剤や手術用の糸など様々な分野で使用されており、薬のカプセルや栄養補給剤といった医薬品にも多く使用されています。また近年では日常の医療現場だけではなく、ノーベル賞でも注目されているiPS細胞を用いた再生医療の分野の研究でも活用されています。

このように様々な分野で活用されていますが、原料によってコラーゲンは複数の種類に分類できます。人間の組成と1番近いと言われている豚や匂いが少ないと言われている魚、美容成分として有名なすっぽんやふかひれなど様々な種類があるため、摂取する際はどういった目的でどのような効果を得たいのかということを明確にし、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。